夏の思い出

クワガタを飼う

クワガタの危険なところ

夏の風物詩、かっこいい顎、小学生男児の幼心をくすぐる昆虫。
コクワガタ、オオクワガタ、など日本産で昆虫採集のお宝的存在から、最近では巨大であったり、色鮮やかな外国産のものなど現在では多くの種類のクワガタが、ホームセンターやペットショップなどで手に入れることができます。
中には、幼虫から飼育し、その成長過程を観察し夏休みの自由研究にしようと考えているお子様も多いです。
しかし、皆様ご存知ですか? そんな彼らの体の中でもっとお危険な場所はどこであるかを。
答えは、背中から見た頭と胸の間の隙間です。
昆虫の体は頭、胸、腹の三つのパーツに分けられ、頭は目や触覚がある場所、胸は六本ある足が生えている場所を指します。
もちろん、彼らの象徴ともいえる立派な顎も、挟まれたら中々離してもらえず、最悪出血をしてしまう場合もあるのでとても危険です。
しかし、そんな顎よりも頭と胸の隙間はさらに危険です。
なぜならば、これはカブトムシにも共通して言えることですが、背中のちょうど子供が指でつつきやすい部分でもあるので、不意に挟まれれる危険性が顎よりも高いからです。
また、外国産のものはそこが鋭利な刃物のようになっている種類もいるので、決して挟まれないように注意してください。

クワガタの生体を知って飼育してみよう!

クワガタはカブトムシと並んで人気の高い昆虫であり、大きな顎が特徴です。
顎が大きいのがオス、小さいものがメスになりオスとメスは一目見ればすぐに違いが分かります。
日本にも沢山の種類が生息しており、最も人気が高いのがオオクワガタです。
日本に生息している種類の中では最も大きなタイプであり、8センチ以上のオスもいます。
北海道、九州、対馬などに主に生息しており、比較的寿命が長い昆虫なのです。
近年ではペットショップや通販サイトなどでも販売しているので購入しやすくなっています。
比較的手に入れやすい種類と言えばノコギリクワガタがいます。
これは湾曲した長い立派な顎を持っているため子供にも人気の高い種類なのです。
見た目から水牛などとも呼ばれているます。
山で見つけたり、ペットショップで購入した場合には、専用の飼育容器がペットショップなどで販売されいるので購入します。
数匹飼う場合には1つのケースに入れてしまうと喧嘩してしまう恐れもあるため、別々に飼育したほうが長生きしてくれます。
ケースの中に飼育床を敷いて、木片なども入れてあげます。
エサもペットショップで販売しているのでわからなければ店員に確認するとすぐに出してくれます。

おすすめWEBサイト

vapeの通販

家電買取 武蔵野市

オーダーカーテンを申し込む

2017/11/16 更新

『クワガタ』 最新ツイート

@tamanonegi141

バッタとかコオロギは脳筋だからつまんないけどカブトとかクワガタは好き(・∀・) あとこれすき https://t.co/sABGkEiTsR

39秒前 - 2017年11月21日


@__u_N_p__

@393939panda 運やね! 虫だったら多分ミヤマクワガタが一番なんだけど そっちもまだ出てないな~

1分前 - 2017年11月21日


@casss_ekimemo

@0729UVER クワガタ逃がして叫んだ

1分前 - 2017年11月21日


COPYRIGHT(C) 夏の思い出 ALL RIGHT RESERVED